店名
カーブ・エスコフィエ、Cave Escoffier  25.5点

分野
フランス料理
住所
中央区銀座6−7−5
電話
3571−1851
食事の日付
平成13年6月30日 (土)
値段
12,936 円

<各項目5点満点、合計35点>
綜 合 値 段 プレゼンテーション
25.5 3.5 3.5 2.5
スピード 設計、雰囲気 ケア度 立地・場所柄
5.0 3.0 4.0 4.0


銀座の西五番通りにあって中は狭いが何とか落ち着いた銀座の老舗レストランの雰囲気を出そうとしている。

たまたまだったのかお年を召した14−5名の団体がはいっていたのだが、旧制女子師範の同窓会といった雰囲気が妙にピッタリ。中の足元が悪く、注意をされないと転んでしまいそうになる。

従業員もきびきびと気持ちがよく、メニューについても、材料、調理法をおいしそうに話してくれる。ただ、料理を運んできてテーブルに置いた後、これはズッキーニでこれが長ねぎでと一つ一つ指で指しながら説明をするのはいただけない。

暖めたパンがタイミングよく2度出てくるのはありがたいし、ちょうどオールナイトの映画館へ行く前だったので、チェックをきびきびしてくれたのも嬉しい。

皿の廻りに調理のカスがついていたのは残念ですね。海の野菜サラダで、説明のあった焼いた穴子が入ってないと思っていたら、あとから、忘れたのか、意図的にか、こちらが半分ほど、食べたところで持ってきて、サラダに追加されたのは、あれは、なんだったのか。

本日頂いたのは一人4800円のコースとペリエ。