店名
シェ・アストゥ (Chez ASTOUX) 29.5点

分野
海鮮料理
住所
43, rue Felix Faure ミ 06400 CANNES
電話
04-93-39-0622
食事の日付
平成14年2月6日 (水)
値段
684.9 Eruro(チップ込み)
ホームページ

<各項目5点満点、合計35点>
綜 合 値 段 プレゼンテーション
29.5 4.5 4.0 3.8
スピード 設計、雰囲気 ケア度 立地・場所柄
3.9 4.4 4.4 4.5


南仏はカンヌにある海鮮レストラン。  

国際会議場(フェスティバル・ホール)からも近く、便利な場所に在る。家族で、南仏旅行が決まった後、泊まることになっていたホテルのコンシェルジェに日本から連絡して、お薦めの海鮮料理を尋ねたところ、真っ先に教えてくれ、予約をとってもらったのがこのシェ・アストゥでした。この他にも、予約を取らないカジュアルなアストゥも近くにある。

当主の曾祖母の時代から店を開き、ジャンヌモロー、アンソニークイン、アランドロンなどの色紙がホームページ上でも紹介されている。

いただいたのは、二人で主食にするというMarine Mammothの巨大なシーフードプレートを5人の前菜として、さらにロブスター5匹をグリルして、身を半分に割り、レモンを絞りながら食べるもの。付け合せとして貝柱の入ったライスをバター炒めしたもの。

最後はMosaic of Sweetmeatsと言いますが、10種類のデザートを少しづつ大きなお皿に載せたものを二皿頼みました。

さて、このMarine Mammothには、ロブスター、蟹、オイスター、アサリ、蛤、タニシのような小さく黒い貝、これはまち針で中身を引っ張り出すという作業が必要になりますが、何の障害にもなりません。更に、ムール貝、ホラ貝を小ぶりにしたような貝、小ぶりの海老も一緒に山ほどがドサっと大きな楕円形のお盆に氷を載せた上に置かれてきます。これを二人で食べてしまうという胃袋にはあきれてしまいます。

ロブスターのグリルは焼きあがった物をウエイターが二人掛で丁寧に食べやすく目の前でさばいてくれますが、これも目からの期待を大いに胃袋へ伝えることになります。

本当に満足。また来ましょう。