店名
暗闇坂 宮下  29.1点

分野
和食
住所
千代田区丸の内2−4−1 丸ビル36階
電話
03−5220−3331
食事の日付
平成14年9月8日 (日)
値段
ホームページ

<各項目5点満点、合計35点>
綜 合 値 段 プレゼンテーション
29.1 3.9 4.6 4.0
スピード 設計、雰囲気 ケア度 立地・場所柄
4.1 4.2 3.8 4.5


二日続けて、新しくできた丸ビルへいくことになりました。前日同様、地下から一階にかけては、相変わらず混みあっていましたが、前日の経験を生かしてあらかじめ予約をしてありましたので別の入り口に案内されて、直ぐに36階のレストラン街まで行き着くことができました。

お昼のメニューはお決まりで、一人3,800円ですが、本日は開店直後ということで、飲み物つきです。最初は水とろろと言ってとろろに、オクラが入り、これを混ぜていただきました。先付けは、丸く赤いお盆に5つの小さな豆皿が置かれて、白魚の梅肉和え、高野豆腐、芽カブとしし唐の混ぜ合わせたものにジャコを載せたもの、菊花とモロヘイヤ、白ズイキにゴマだれのかかったものでした。 

続いて、海老しんじょを葛で甘辛くとろみをつけて茗荷を刻んでのせたもの。マコガレイのお造りに刻み昆布がかけられ、スダチが添えられたもの。山形牛と魚の選択で、魚を選んだ私たちには鱸の若狭焼きと酢漬けの茗荷が添えられています。最後がひじきご飯とお吸い物。

デザートには、黒ゴマをたっぷりと混ぜたプリンを抹茶のソースの上に乗せてあるものと、サツマイモのビシスワ。

これだけの料理をきれいな器でいただいて、しかもすばらしい眺望付きで3,800円はお値打ちです。

ただ、カウンター席でしたが、前に立った従業員がひっきりなしに鼻をすするのにはどうも閉口しました。