店名
新三浦  27.9点

分野
日本料理
住所
中央区銀座2−6−15
電話
03−3564−1761
食事の日付
平成14年4月8日 (月)
値段
15,246 円
ホームページ

<各項目5点満点、合計35点>
綜 合 値 段 プレゼンテーション
27.9 4.2 4.0 4.0
スピード 設計、雰囲気 ケア度 立地・場所柄
3.9 3.5 4.1 4.2


前の日に、水たきをイメージして出かけて、結局、鶏肉の入ったうどんすきで我慢しなければならなかった不満を解消すべく、今日は最初から新三浦をめざして銀座へ出てしまいました。最初に新三浦の味を覚えたのは京都木屋町のお店でした。何でも森光子さんの生家をそのまま引き継いで水たきのお店になったと聞いています。

オーダー・ストップの直前に飛び込んで一人6,500円の水たきAコースを注文しました。
場所は銀座中央通を一筋有楽町側に寄った裏側になります。若干古い内装ですが、この25日から数週間お店を休んで内装工事に入るとのこと、生まれかわるお店がまた、楽しみです。

博多名物の「おきゅうど」などの説明をうけながら、鶏の骨からとった白い出汁でスープを作っていただき、最後はおじやでしめました。それにしても、この出汁を一口飲むと即座に手の甲などがすべすべになるような気がするのは、サービスをしてくれる女将さんの言うとおり鶏がらから出るコラーゲンが効いているのでしょうか。