店名
たん熊本家  29.0点

分野
京料理
住所
京都市下京区木屋町仏光寺下がる
電話
075−351−1645
食事の日付
平成13年7月14日 (土)
値段
25,900円

<各項目5点満点、合計35点>
綜 合 値 段 プレゼンテーション
29.0 4.2 3.5 4.0
スピード 設計、雰囲気 ケア度 立地・場所柄
4.0 4.0 4.8 4.5


たん熊という名のお料理屋さんは東京でも見かけますが、たん熊本家はここだけです。

たいへん暑い日でしたが、通された網代縁が敷かれた部屋は、手入れの行き届いた中庭の見える涼しげな部屋でした。

飲み物は相変わらずウーロン茶でした。
先ず白ワインとシロップで煮た梅、続いて鱧の落としを梅肉醤油でいただくものと、鯛のあらい。この次はまかないの方が、「まるすいですが、大丈夫ですか?」と言いながらお椀が出てきましたが、これは、ここ「たん熊本家」名物のすっぽんの吸い物ショウガ入り。

そのあとが曲げ物にいれた賀茂茄子の田楽、アワビ、笹巻きすし。そして、琵琶湖産の天然鮎をたで(蓼)酢(たでの葉をすって酢にまぜたもので臭みを取る)。

このあと、器が陶器のマグ風に変わって腰のある四国徳島の半田麺。最後が鴨ととうがんの炊き合わせ。ご飯は銅の釜で炊いたもの。これに赤だしと漬物がつきます。