店名
Tanta Roba  28.0点

分野
イタリア料理
住所
文京区小石川4−18−7
電話
3815−1122
食事の日付
平成13年7月29日 (日)
値段
11,576円

<各項目5点満点、合計35点>
合計 値段 プレゼンテーション
28.0 4.7 4.5 3.5
スピード 設計、雰囲気 ケア度 立地・場所柄
3.5 3.2 4.2 4.4


小石川に引っ越してきてこのレストランが徒歩圏内にあることを見つけたときはとても幸せな気持ちになりました。
播磨坂の途中、桜並木の緑の濃い枝に覆われるようなこの店はこの地域の宝と言っていいでしょう。 ときどき雑誌や、TVの取材でもつかわれるようですが、あくまで、白金や表参道を模した目的に使われています。つまり、あたかも白金や表参道的な説明の背景にここの写真や映像が使われているということです。人通りが少ない分撮影には適していると言うことでしょう。

Tanta Robaというのは「たくさんの食材とかメニュー」という意味でしょうか。
北イタリアで修行を積んだシェフは、お店が狭いだけに、少し手があくとお客と一緒にイタリアの食材の入手方法や、イタリアでの修業時代の話をしに、調理場から客席の方に出てきてくれます。また、年配のカップルが多いのもこの店の特徴かも知れません。

今日は、いつもの4,800円のコースメニューではなく、アラカルトでいきました。飲み物は、シチリア産ブラッドオレンジジュースです。パンも自家製です。
イタリア産イチジク(この入手方法については盛り上がりました)と生ハム、シェフのお薦めサラダ(これは、アンティパスタのサンプルとしてお薦めできます。いつも外れたことがありません)。カジキマグロをダイス状にしたものとオリーブのケッパーを自家製手打ちキッターラ(?)パスタに和えた物。カラスミとブロッコリのスパゲッティ。アイナメのグリルにほうれん草とアスパラを添えたもの。デザートはリコッタの胡桃の入った焼き菓子とサルディニア風アイスプディング(これはおいしかった)。最後は力の入ったエスプレッソで締めました。ウーン満足。