店名
ザ・トトキ (Les Dix Temps) 27.8点

分野
フレンチ
住所
中央区銀座5−5−13 坂口ビル7階
電話
03−5568−3511
食事の日付
平成16年5月30日 (日)
値段
23,215円
ホームページ

<各項目5点満点、合計35点>
綜 合 値 段 プレゼンテーション
27.8 4.5 4.1 3.7
スピード 設計、雰囲気 ケア度 立地・場所柄
4.3 3.4 3.7 4.1


最初に入ったのは開店2日目でした。 開店直後の混乱の最中か、えらい時間待たされたし、予約も会計もうまくなかったので、最後に眉の濃い十時さんの訛りのある話し方で「本日はどうもすいませんでした」と言われなければ二度と来るつもりはありませんでした。それでもお料理はおいしかったので、5ヶ月経った今、もう一度来てみました。

相変わらず予約も入店したときもちぐはぐな感じはそのままでしたが、これは個人的な相性の問題なのかも知れません。 料理が美味しいだけに最初は気持ち良く入りたいものです。

いただいたのは4種類あるコースメニューの3番目、9,000円の「Le Plaisir」でした。 アミューズが相模湾でとれた桜海老とオリーブ、オードブルがオマール海老のテリーヌとバナナのムース、アナゴと小ヤリイカにエスカルゴのソース、お肉が岩手の白金豚、デザートは静岡メロンのスープ仕立てジェリー寄せとイチゴのミルフィーユ。プレーン紅茶に合わせてホウズキの砂糖漬け、チョコレートトリュフ。飲み物はミネラルウォーターにグラスの白ワインでした。

お料理はとても美味しく、初めてのときのように長いこと待たされることも無くスムーズに、タイミング良くサーブされますが、厨房が狭く、また、調理と関係の無い人が調理をしているコックさんの後ろを通らざるを得ないような動線になっているのか、人が通るたびに調理を中断して腰を上げなければなりません、これをカウンター越しに眺めて(眺めているわけではありませんが、どうしても目に入ってしまう)いるのはとても疲れます。 サーブはカウンターに座るお客様の肩越しに出していただきますが、そのたびに頭にサーブする方の鼻息を感じてしまうのはかなり気になります。スペースの問題でどうしようも無いのかも知れませんがそればかりでも無いようですね。 人もレストランの設計も変えられれば良いのに。 味は美味しいのです。