人間は自分の生命を守るとか、職を奪われるとかの状況に立ち至ると、本能的の怒りが起こって防戦する。この戦いに勝てば喜び、敗ければ悲しむ。喜、怒、哀、楽は本能的な性質である。

 この本能的感情を状況に応じて表わす人は自然人であり、純潔の人、熱血漢、直情怪行の人とかに言われる愛すべき人である。ところが近頃はそういうタイプの人は少なくなった。思慮深く慎重で考えてから行動する人が多い。大学出は思慮深いが一般的には薄情である。

 それは、感情が起こって行動につながる前に「待てよ」がかかり、感情が理知によってさえぎられるためである。かの有名な殿中松の廊下の浅野たくみの守の刃傷事件も、たくみの守の心に「待てよ」がかかれば一連の事件は起こらなかったであろう。

 日本も、50年前からみれば理知が進み、一般家庭ではお膳をひっくり返すような事件もなくなったようだ。

 その傾向に反して、ムシャクシャしたから放火したとか、金が欲しいから人を殺傷したという事件も多くなっている。これは教育から脱落した無教養の人間が増えているためである。

 普通の善人はこんな事件は起こさないから関係がないと思われるだろうが、相手の言い分に腹が立った場合にそれに本能的にすぐにバカとか攻撃的に反応しない方法として私は、スーッと鼻で息を吸い込むことを奨めたいのである。本能的に感情に反応する前の瞬間に息を吸い込むことによって本能的感情を弱めて理知の考えに引き込むのである。

 なぜ私がこんなことを発見したかについて私の禁煙法について説明しなければならない。煙草は人間に楽しみを多くするものだから私は愛煙家である。それなのになぜ何回も禁煙しているのかというと、喉に違和を感じることになると禁煙することにしている。現在は8年間禁煙中である。

 私の禁煙方法は1週間計画とし、だんだんに煙草の数を減らしていって身体中のニコチン量を低下して最後の日は一本としてこれでやめる。吸いたくなったときは、口から空気を煙草を吸っていたと同じ態度で吸った格好をする。

 要するに、この仕草で身体を騙すのだ。身体の方は騙されて煙草を吸った気になる。これは何を意味するか。意識というものは飛び飛びのものだから新しい空気を脳に入れることによって一時的に忘れさせる効果があると思う。この方法が行き渡れば、犯罪も防げると思うのだが。

 もう一つの気分転換方法を申し上げる。人と人との交際においてしばしば衝突が起こる。夫婦間においても、理由にならないことで感情がこじれることがある。早く修復しないと疑心暗鬼を呼び冷戦に至らないとも限らない。

 思いつめるとその不機嫌や憂うつから抜け出せないものである。こういう場合には私は、心の中で歌を唄う。

 夏もチカヅク八十八夜ア  とか
 鞭声シュクシュクー    とか
 ヨサクーヨサァクー    とか

 口から出まかせの歌を、声を出さないで口の中で唄うので、歌に飽きたときは、不機嫌の原因がいかにつまらないものであったことが判って平常心になっている。


気分転換法 嫉妬心 人間関係を良くする プラス思考
心の持ち方で人生が変わる 幸福論 精神力 欲求の満足会社員